試験の内容と結果をご紹介します。

試験の内容と結果をご紹介します。

 

試験の対象者は合計10名。

 

みんな糖尿病の患者さん達です。

 

年齢は当時59~81歳。

 

10人の患者さんにはアンチエイジングサプリを一日3回、毎食前に200ミリグラムずつ一日合計600ミリグラムを三カ月にわたって取ってもらいました。

 

糖尿病などの薬を飲んでいた患者さんにはそのまま飲み続けてもらいました。

 

その結果、アンチエイジングサプリを摂る前は平均で7.5だったヘモグロビンa1cの数値が、7.0まで下がっていたのです。

 

腎機能の働きを示すクレアチニン値も、平均1.09ミリグラムだったのが、1.02ミリグラムと改善傾向を示していました。

 

アンチエイジングサプリを摂ったら肝臓にある糸球体ろ過機能がほとんど低下せず、腎機能を維持

 

腎臓の機能を維持できた。

 

もう一つの試験は、「シルウフィブロインによる糖尿病腎症が置ける腎機能低下抑制作用の研究」と題して国際個別改良学会で発表した内容になります。

 

試験の対象者は、合計18人の糖尿病患者さんです。

 

18人の患者さんにはアンチエイジングサプリを一日3回毎食前に200ミリグラムずつ、一日600ミリグラムを一年間にわたって取ってもらい、腎機能の変化を調べました。

 

腎機能を評価する指標は、gGFRという数値を使いました。

 

通常、糖尿病と診断された患者さんは、血液のろ過機能を示すgrfrの数値は、一年間で2~20ずつ下がっていきます。

 

対象者18名のegrfの平均値は、試験を開始した段階で69.96でした。

 

ところが、アンチエイジングサプリを一年間取り続けた結果、egfrの平均値は68.85と、ほとんど下がっていないことがわかりました。

 

糖尿病の患者さんがアンチエイジングサプリを摂ることで、腎機能の低下を抑える働きが期待系る。

 

吸着性のある絹のフィブロインは余分な糖や死亡のみならず、インドールをはじめとする尿毒素も吸着・輩出して、腎臓の機能を保護していると考えられます。

 

糖尿病腎症が進行した患者さんは、腎ぞの負担を減らしてたんぱく質の摂取量を制限した食事療法を始動されています。

 

絹のフィブロインは何消化性でほとんど体外に排泄されるため、食事制限の対象になりません。

 

胃腸で消化・吸収される絹のフィブロインは全体のわずか3%にすぎません。

 

残りの約97%は体の余分な糖や死亡をがっちりと吸着したまま体の外に出してくれます。

 

絹のフィブロインが含まれるアンチエイジングサプリは、優れたデトックス効果が期待できる健康食品といえるでしょう。

 

他サイトですが、老化防止 サプリ ランキングを紹介します。