食事制限によるストレス

「朝食は好きなものをたっぷりとって、昼食と夜はほとんど食べないようにしていました。何も食べないとカロリー不足になって仕事中に倒れてしまってはいけないので、昼食のビスケット上の個経営要職を少し食べました。」

 

晩の食事は麺類だけにとどめていたというTさん。

 

食事制限によるストレスも感じていたことから、お酒だけはやめられずに、以前のようにビールをぐいぐい飲んでいたそうです。

 

「ちょうどそのときに知人から、ダイエット効果のある健康食品を教えてもらったんです。食事制限の効果もあって15キロほど減量することができました。」

 

ひとまずダイエットに成功したTさん。

 

このまま体重を維持しようと思っていたものの、42歳のときから体調不良に悩まされるようになったといいます。
「突然、せきが止まらなくなったので、病院でみてもらうと、アレルギー性の気管支喘息と診断されました。それまでアレルギーとは無縁だったのでびっくりしました。無理なダイエットがたたって体質が変わってしまったのかもしれません。」

 

ぜんそくの治療を続けていたTさんは、45歳の時には関節リウマチを発症。

 

手の指のみならず、肩や腰にも痛みを感じるようになり、動けなくなる時もあったといいます。

 

「痛みを感じ始めた時、自分勝手に50肩だと思ってしまったんです。整体外科で診察をを受けても関節リウマチと診断されなかったので、治療の開始が遅れてしまいました。」

 

ぜんそくと関節リウマチの治療を優先したTさんはダイエットの中止を決意。

 

飲み続けていた健康食品が製造中止になったこともあり、50歳を迎えるときには体重が68キロまで戻ってしまったそうです。

 

アンチエイジングサプリを試したららくにダイエットできて、ビールを飲んでもok

 

ぜんそくと関節リウマチの治療を続けながら、無理なくダイエットができる方法を探していたTさんがであったのがアンチエイジングサプリでした。

 

「絹のフィブロインは油や糖を吸着してそのまま排出する脂っこい料理やお菓子を食べてもアンチエイジングサプリに吸着されると聞いて、ぜひ試してみたいと思いました。」

 

2016年3月から、朝昼晩のうち、カロリー摂取量の多い食事の際にアンチエイジングサプリを一日軽2包みとりはじめたTさん。

 

すると、3-4ヶ月後から、以前にはなかった体感を覚えるようになったといいます。

 

「以前も一日一回、お通じはあったのですが、アンチエイジングサプリを摂ってからは「食事をしてしばらくすると出る」というくらい、頻繁にお通じが来るようになったんです。
体の中の余分なものがないという爽快考えられて、いつもすっきりした気分でいられました。」