重労働や激しいスポーツ

重労働や激しいスポーツ

 

特定の関節を長い時間繰り返し使うと、関節の軟骨がすりへって関節症が起こりやすくなります。

 

肉体労働者やスポーツ選手などは、毎日のように重いものを運んだり、ひざに負担をかける激しい運動をしているので、ひざにかかる負担が増大して関節がすり減りやすくなります。

 

関節症は、自覚症状がほとんどなく、じわじわと進行していき、ある日突然痛みを自覚するケースが多くあります。

 

関節症は、治療せずに放置しておくと、症状が進行していきます。

 

まずはチェックリストで、自分の状態と照らし合わせて確認してみましょう。

 

もし一つでも該当項目があれば、専門医に相談診察を受けるようにしてください。

 

アンチエイジングサプリは糖尿病・腎臓病対策にも有効で高血糖を改善して腎臓病への移行を防ぐことが判明している。

 

糖尿病対策は血糖値を下げるだけでは不十分なのです。

 

腎機能を維持する適切な治療が不可欠です。

 

わたしは長年にわたって糖尿病の怖さを指摘して、多くの場所で定期検診による早期発見・早期治療の重要性を啓蒙していきました。

 

糖尿病が怖いのは、合併症によって体のいたるところに異変が表れてくる点です。

 

もっとも多いのはしびれなどの神経障害、とりわけ、壊疽を招く血管障害、失明も引き起こし網膜症、人工透析(機械を使って人工的に血液をろ過する治療法)を余儀なくさせる腎症などの3大合併症を引き起こすと、生活の質を大きく下げてしまうことになります。

 

日本透析医学界の発表によると、2015年に新たに人工透析を受けた患者さんたちの主要疾患は、糖尿病腎症が第一位になっています。

 

ダイアライザーと呼ばれる透析の危機は性能が著しく進歩しているものの、万全ではありません。

 

2005年に人工透析を導入したkなんじゃ酸の十年後の生存率は、35.9%と発表されています。

 

糖尿病と診断されて治療を受けている患者さんはもちろん、高血圧を指摘されている糖尿病予備軍の人も、合併症の発症や悪化を防ぐことが大切です。

 

血糖値を下げる事だけを考えるのではなく、神経障害や網膜症の発症に気を配りながら、クレアチニン値など腎機能を示す数値をチェックするように努めましょう。

 

東京農業大学が、開発した絹のフィブロインは、血糖値を下げながら腎機能の維持も期待できることが、研究者が行った試験でわかっています。